顎関節症

あごが痛い、口が開きにくい、口を開けるとカクカクする

口を開けたり閉じたりする時に、「耳の前にあるあごの関節あたりに痛みがある」「口が開けにくい」「カクカクしてスムーズに開けられない」「パキパキ、ミシミシ、ゴリゴリ音がする」などの症状があれば「顎関節症」が疑われます。 

「顎関節症」は、あごを動かす筋肉・上下の歯の噛み合わせ具合・あごの関節のズレや動きのバランスがくずれた時に起こりやすくなり、また、片頭痛や肩こりの原因になることもあります。その原因は様々ですが、歯ぎしりや食いしばりの癖、頬杖や片寄った姿勢、また不規則な生活習慣や精神的なストレスもあごの関節に影響を及ぼすことがあります。

 治療は患者様の状態によって、あごの動きのバランスを取り戻すための機能訓練法、関節や筋肉への負荷やズレを和らげるためにマウスピースを使って行うスプリント療法、噛み合わせの具合の調整、痛みやストレスに対しての薬物療法などを行っていきます。

サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました