インプラント

インプラントが適しているのはどのような場合?

入れ歯に悩んでいるなら…

「歯を失ってしまったが、元どおり噛めるようになりたい」
「失った歯を補いたいが、他の自分の歯は削ったり負担をかけたくない」
「入れ歯を使ったことがあるが、ガタついて噛みにくい」
「入れ歯の取り外しがイヤだ、異物感が気になる」
「自分の歯のような自然な見た目にしたい」

このような悩みをお持ちの方はインプラントを検討されてみてはいかがでしょうか。


インプラントの特徴

インプラントとは、本物の歯とほぼ同じ機能・見た目を回復することができる治療方法です。

歯を失った部分の骨に人工の歯根(ネジのような構造)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けます。

他のご自身の歯を削ることもなく、長い目で見て他の健康な歯への負担が少ないです。入れ歯のようにガタついたりせず、大きさも元の歯と同じくらいなので、食事や会話も違和感なく楽しむことができます。


治療方法の比較














保険適応適応外適応内と
適応外の
タイプがある
適応内と
適応外の
タイプがある
取り外ししない必要しない
異物感少ない大きい少ない
噛む力元どおり元の30%
くらいに
低下
元どおり
近いが
負担がかかる
他の歯を削る量特別な
場合以外
ない
少し削る大きく削る
他の歯への負担少ない金具をかける
歯に負担がかかる
隣の歯に
大きな負担が
かかる
見た目自然金具や
プラスチックが
目立つ場合もある
保険適応の
場合は金属を
使用する
治療
期間
数ヶ月〜数週間〜1,2ヶ月数週間〜1,2ヶ月
外科
処置
必要しないしない

インプラント治療について当院が重視するところ

最先端かつ信頼性の高い
インプラントシステム

インプラントを製造・販売するメーカーは数多くありますが、一流メーカーには長年の実績と数多くのデータがあり、そこから得られた知見を最新の製品にフィードバックし、より良いインプラントを提供しています。当院では、世界でトップシェアを誇り、高品質で信頼性の高いノーベルバイオケア社の最新のインプラントシステムを導入しています。


骨が少なく、高い技術を要する
症例にも対応

インプラントはあごの骨にネジを埋め込む治療方法なので、あごの骨がやせていたり厚みが少ないと難易度が高くなります。骨の量が少ない場合、インプラントを埋め込む前に人工的に骨を再生させて骨の量を増やしておく処置が必要ですが、これには繊細で高度な技術が必要です。当院では大阪・神戸で数多くの骨再生処置を経験し、加えて定期的に技術向上のための講習を受けているドクターが処置を担当します。他院で「骨の状態が良くないので難しい」と言われた場合でも、骨を再生することで解決できるかどうか、お気軽にご相談ください。


安心・安全な手術を実現する
事前のシミュレーション

医科用のものよりX線被曝量が少ない歯科用のCTを用いて、事前に詳しく三次元的な画像診断をおこないます。さらに実際に患者様から採取した歯型のデータとCT画像を重ね合わせて、インプラントをどの位置・方向・深さに埋め込めば最も適切かをシミュレーションします。特に傷つけてはならない神経や血管の位置を事前に確認するため、安心・安全な手術を実現することができます。このシミュレーション結果を反映したマウスピースを作製し、マウスピースのガイド通りに処置すれば、非常に精度の高い手術をおこなうことができます。


歯のない部分が広くても
色々な解決法があります

例えば「10本以上歯がない」「奥歯はすべてない」「全部の歯がない」など、歯のない部分が広くても、色々な解決法があります。「数本のインプラントを連結してブリッジのように製作する方法」「入れ歯のように広範囲の歯をインプラントの上に固定する方法」「一部分は入れ歯やブリッジを使い、一部分はインプラントを使い、両者を組み合わせる方法」など、あなたに最適な方法を柔軟に検討いたします。


手術が不安な方は
寝ている間に手術が終わる」
方法もあります

角野歯科医院では大学病院麻酔科で研鑽を積んだドクターにより、静脈内鎮静法を用いた無痛治療を実施しています。恐怖心や不安を和らげるために麻酔薬を点滴して、寝ている間に治療をおこなうことができます。



骨が少ない、薄い、状態が悪い、と言われた方へ

【上アゴの奥の骨が薄い場合の解決方法】

サイナスリフト・ソケットリフトという解決方法があります。 上アゴの奥歯の上には「上顎洞」と呼ばれる骨の空洞があります。歯が抜けると骨が痩せて薄くなることで、この空洞までの距離が短くなり、インプラントのネジを固定するために必要な厚みに満たない場合があります。 このような場合「上顎洞」の空洞内に骨の成分となる材料を入れていき、インプラントを固定するために必要な骨の厚みを作っていくことで解決することができます。 お口の中の歯ぐきを切開して処置するため、お顔の表面を傷つけることはありません。 角野歯科医院ではこのサイナスリフト・ソケットリフトという処置を受けていただくことが可能です。骨が薄いと言われた方でも、お気軽にお問い合わせください。

【下アゴの奥の骨が少ない場合の解決方法】

骨造成(GBR)という解決方法があります。下アゴの骨の中には神経や血管が通る太い管があり、その管の位置より深くインプラントを入れることはできないため、使うことのできる骨の厚みには制限があります。その上、歯が抜けるとその部分の骨が痩せて少なくなるので、さらに骨の厚みが減ってしまい、インプラントのネジを固定するために必要な厚みに満たない場合があります。 このような場合、歯が抜けて骨が痩せてしまった部分に骨の成分となる材料を入れていき、インプラントを固定するために必要な骨の厚みを作っていくことで解決することができます。 お口の中の歯ぐきを切開して処置するため、お顔の表面を傷つけることはありません。 角野歯科医院ではこの骨造成(GBR)という処置を受けていただくことが可能です。

サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました